ローカルニュース毎日配信!

新築住宅販売戸数 10月は予想下回る

2021.11.24

配信

11月24日、商務省が10月の新築一戸建て住宅販売戸数は、年率換算で前月比0・4%増の74万5000戸になったと発表した。ブルームバーグがまとめたエコノミスト予想の中央値は80万戸で、予想を下回った。また、前年同月比では23・1%の減少となった。一方、販売平均価格は前年同月比で17・5%増の40万7700ドルに上昇、過去最高を記録した。資材コストの上昇、労働力不足などの完工遅延により、販売価格は高い水準に押し上げられた形となっている。新築住宅の在庫は38万9000戸と、9月の新築住宅の在庫である37万8000戸から増加。13年ぶりの高水準となり、そのうち建設中物件が62・2%、未着工が約28%だった。販売に対する在庫比率は6・3カ月となっているが、今年初めでは3・6カ月だった。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!