Astro・Ajugaの十二星座占い

10月の住宅着工 0・7%の減少

2021.11.17

配信

商務省が11月17日に、今年10月の住宅着工件数が152万戸で、前月の改定値から0・7%減少したと発表した。これは2カ月連続の減少となり、約1・6%の増加を見込んだダウ・ジョーンズまとめの市場予測に反してマイナスとなった。前年同月比では0・4%の増加となっている。また、主力の一戸建てが103万9000戸で、前月から3・9%の減少。変動の激しい5世帯以上の集合住宅は47万戸で6・8%の増加となった。先行指数である許可件数は165万戸で前月比で4%の増加となっている。11月16日には全米住宅建設業協会(NAHB)が、住宅市場指数は3カ月連続で上昇しているが、物流の目詰まりによる資材確保の難しさや、土地、労働力の不足により、依然として抑制された状態が続いていると発表している。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!