Astro・Ajugaの十二星座占い

オークランドの家主 テナントの権利侵害で罰金

2021.09.16

配信

オークランド市で賃貸物件を扱う家主及び運営会社が、テナントの権利を侵害したとして同市に対し390万ドル以上の罰金を支払うよう命じられた。オークランド市法務官のバーバラ・パーカー氏によると、同市が訴えたのはバルジット・S・マンとサリンダー・マンの2人と、2人が経営するDodg Corporation and Sbmann2, LLC(本社、オークランド)。同社は住居として認可されていない最低基準以下の居住状態にあった6軒の物件を貸し出し、テナントの健康や安全を危険に晒したことや、安全に暮らせなくなったユニットから転居した低所得者層で英語が第2外国語の住人らの転居費用を負担しなかったことなどが訴状に上げられていた。同社はオークランドに60軒以上の居住賃貸物件を所有・運営している。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!