お仕事探しはこちら!

三菱UFJの所有ビル 2社が共同で購入へ

2023.09.05

配信

 三菱UFJフィナンシャルグループ(本社・東京)の米国部門がサンフランシスコ市で売り出していたビルを、スウィッグ株式会社とSKSパートナーズが約6100万ドルで購入した。350 California St. にあるビルは、延べ床面積29万7642平方フィート。両社は2023年5月から売買交渉を始め、20年にビルが売り出された際の売却希望価格である2億5000万ドルから大幅な値下げで取引を終了した。1976年に完成した22階建ての同ビルは、1階に延べ床面積1500平方フィートのリテール用スペースがあるほか、共用施設やカンファレンスセンター、ゲームルームなどが設けられている。ビルはLEEDゴールド認定を受けており、過去7年間にわたり耐震やエレベーター、ビルのシステム改善、ロビーの改装など大規模な改装を行っていた。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!