ローカルニュース毎日配信!

ホームレス用医療センター 建設計画が1歩前進

2021.08.04

配信

アラメダに建設予定の「アラメダ・健康/医療レスパイト・センター」のデザインが決定し、同センターの建設計画が1歩前進した。開発を担当するのはアラメダ海軍基地跡に本部を構え、ホームレスの救済活動を行っている非営利団体のアラメダ・ポイント・コラボレイティブ。同センターはホームレスに医療やハウジングなどのサービスを提供する予定で、建設費用約4000万ドルは政府や州から出されるという。また、連邦政府は2018年9月に同団体に3・65エーカーの土地を寄贈している。敷地内には既にビル2棟と付属施設4棟があり、2階建てで広さ約2万9810平方フィートのビルを診療所や50床の短期間滞在用ベッドを設けたメインセンターとし、もう1棟は老人ホーム、付属施設はオフィスとして使用する予定。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!