お仕事探しはこちら!

メンロパークの空き倉庫 生物学研究向けのビルへ

2022.07.26

配信

 ヘリオス不動産パートナーズ(本社・サンフラシスコ)が、メンロパーク市にある空き倉庫を生物学研究向けのビルに再開発するために購入したことが分かった。今回ヘリオスが購入したのは4055 Bohannon Dr.にある築57年の空き倉庫で、購入価格は1600万ドル。同社発表によると、延べ床面積3万5000平方フィートの2階建て倉庫の電力容量を、現在の2倍となる1平方フィート当たり約26ワットに増量。前臨床研究や医薬品開発などを行う企業向けの施設に改築する予定だという。総合不動産サービスのクッシュマン&ウェイクフィールド(本社・シカゴ)が管理代理会社となっており、早ければ2023年の後半には改築工事は完了する予定。今回の改築工事はヘリオスのサンマテオ郡での4件目のプロジェクトとなる。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!