ローカルニュース毎日配信!

ゴールドマン・サックス 学生向けアパート購入

2022.07.26

配信

 グローバルな金融サービスを提供するゴールドマン・サックス(本社・ニューヨーク)が、バークレー市にある学生向けアパートメントコンプレックスを1億1290万ドルで購入した。今回ゴールドマン・サックスが購入したのは2503 Haste St.にあるエンクレーブ・アパートメントで、2020年の完成時には城のような外観で話題となった。売主はLBA不動産(本社・アーバイン)とウエスト・ビルダーズ(本社・ポイント・リッチモンド)の2社。7階建ての同アパートは家具付きの4人、5人、6人部屋の全55戸、計252人の学生が居住可能で、共有のキッチンやリビング、中庭なども完備。またカリフォルニア大学(UC)バークレー校から3ブロックの距離となる。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!