ローカルニュース毎日配信!

元沿岸警備隊の敷地 新オーナーが再開発へ

2021.06.30

配信

コンコード市にある「ビクトリー・ビレッジ」と呼ばれる元沿岸警備隊の敷地で、新オーナーが大規模な再開発を予定していることが明らかになった。この敷地は広さ59エーカーで、旧軍人向け家屋を倒壊しモダンな居住施設を建設する予定。今回の開発を担当するのは開発業者のエディー・ハディッド氏とジョルジュ・マアルーフ氏で、2018年に実施されたオークションで沿岸警備隊が手放した同敷地を5800万ドルで購入。開発プランでは286軒の家屋と176室を設けたアパートメントビル、二世帯住宅のようなデュープレックス・スタイルの家が80ユニット、30軒のタウンハウス(長屋のような建物)が設けられる予定。沿岸警備隊は同敷地に1989年に42棟の2階建てアパートメントビルを建設していた。

<PR>

自動車保険・生命保険・健康保険・レンターズ保険など取扱います

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!