Astro・Ajugaの十二星座占い

居住商業複合ビル開発 サンマテオ市が認可 

2022.06.01

配信

 サンマテオ市議会がこのほど、居住商業複合ビル開発プラン「ザ・ブロック21」(500 E. 3rd Ave.)を認可した。6階建て、高さ74フィートとなるビル開発を手掛けるのは、ウィンディーヒル不動産(本社・パロアルト)。延べ床面積は約26万9000平方フィートで、そのうち17万9560平方フィートがオフィススペースに、8万9380平方フィートが居住スペースになる。居住スペースにはスタジオアパート53室と、1ベッドルーム58室の合計111室が設けられ、そのうち12室が手頃な価格の住宅として低所得者層向けに確保される。18万2146平方フィートの地下駐車場も設けられ、346台分がオフィス従業員用に、56台分が居住者用となる。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!