お仕事探しはこちら!

ドロップボックス旧本社 ライフサイエンスビルに

2022.05.19

配信

 ソフトウエア会社ドロップボックスの旧本社ビル(サンフランシスコ市ミッションベイ地区1800 Owens St.)が、新たにライフサイエンス・キャンパス「Icona:Labs at Mission Bay」として生まれ変わった。このコンプレックスは2021年、世界有数の投資会社KKR(本社・ニューヨーク)と、ロングフェロー不動産パートナーズ(本社・ボストン)が、キルロイ不動産(本社・ロサンゼルス)から1億800万ドルで購入していた物件。12階建てのオフィスタワー2棟と、6階建てビル2棟から構成されている。新コンプレックスの運営はロングフェローが行う。延べ床面積40万6000平方フィートを、ラボ対応可能なスペースとして賃貸。敷地内には地ビール・レストランや、屋上ガーデン、スポーツジムなどがある。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!