お仕事探しはこちら!

クパチーノ市で最大規模 大型多目的施設開発へ

2024.02.21

配信

 以前バルコ・モールがあったクパチーノ市内の敷地に、数千戸の住宅や小売店、オフィス、駐車場ビルを設けた大規模な多目的施設「ザ・ライズ」を開発する計画を、同市が承認した。同市史上最大規模となる住宅開発を手掛けるのはサンドヒル不動産会社。プランでは延べ床面積650万平方フィートのスペースのうち438万平方フィートが住宅に、195万平方フィートがオフィス、22万6400平方フィートが小売店用スペースになる。また幾つかのポディアム型建築のガレージと4つの大型地下駐車場を設けて、車9570台を収容する。アパートは全2669戸で、そのうち890戸が低所得者層向けで譲渡制限付きの手頃な価格の住宅となる。50エーカーに及ぶ開発予定地には、広場2つと公園、レクリエーション・パーク、歩行者専用道路なども設けられる。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はBaySpo!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
BaySpoとeじゃんデジタル版をチェック!