お仕事探しはこちら!

ジャスティン・リン LAの物件を売り出す

2022.01.11

配信

「ワイルド・スピード」シリーズを手掛ける台湾系アメリカ人の映画監督のジャスティン・リン氏が、ロサンゼルスに所有するペントハウスを700万ドルで売り出した。リン氏は1850 Industrial St.にあるビスケット・カンパニー・ロフトと呼ばれるビルの703号室を2012年に260万ドルで購入していた。同ビルは1925年に大手食品メーカーであるナビスコの西海岸本社ビルとして建設され、2007年には大規模な改装工事が行われた。部屋は広さ4300平方フィート、2ベッドルーム、2・5バスルーム。ロサンゼルスの街を一望できる広さ3600平方フィートの屋外プライベートテラスと2台分の車を停められるガレージがある。またビル内には24時間体制のコンシェルジュサービスやプールもある。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!