ローカルニュース毎日配信!

オークランドのグラス工場 開発プランが浮上

2022.01.06

配信

オークランド市にある大型ガラス工場を倒壊し、新たに開発するプランがあることが判明した。今回、同工場を購入したのはデューク不動産会社(本社、インディアナポリス)で、フルートベール地区の3600 Alameda Ave.にある物件に3440万ドルを支払っている。売主はオーエンズ・ブロックウェイ・ガラス容器製造会社。新たに計画されている開発プランでは、広さ23・9エーカーの敷地に広さ合計42万6000平方フィートの近代的なビルを建設する予定。その内の3万平方フィートがオフィススペースに充てられる。また、0・5エーカーの敷地がリテール用の開発予定地として取り置かれるという。同敷地があるオークランド市内の州間高速道路880号線沿いでは商業用物件の開発が多数進んでいる。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!