お仕事探しはこちら!

ベイエリア発のフライト FAAが酔った乗客に罰金

2021.11.22

配信

アメリカ連邦航空局(FAA)が、今年4月15日にサウスウエスト航空のサンノゼ国際空港発サンディエゴ行きの便に搭乗していた乗客に対し、酔っ払ったうえ客室乗務員に対し性的暴行を働いたとして罰金4万823ドルを課したことを11月22日に発表した。発表によると、この乗客は自分で持ち込んだアルコールを飲んでいたが、連邦法で禁じられているため客室乗務員が飲酒を止めるよう忠告したところ性的暴行に及んだという。また、この乗客は着陸直前にトイレに入りマリファナを吸引していた。FAAは1月24日にデルタ航空のサンフランシスコ国際空港発アトランタ行きの便に搭乗していた乗客に対しても、持ち込んだアルコールを飲酒し、注意した客室乗務員に対して悪質な行動を取ったとして16万の罰金を課したと発表している。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!