ローカルニュース毎日配信!

ゲーブ・キャプラー監督 最優秀監督賞を受賞

2021.11.17

配信

全米野球記者協会が選出する今シーズンのMLB最優秀監督賞が11月16日に発表され、ナショナルリーグではサンフランシスコ・ジャイアンツのゲーブ・キャプラー監督が受賞した。キャプラー監督は1998年にデトロイト・タイガースでメジャーデビュー。その後、複数の球団を経て、2005年に日本野球機構(NPB)の読売ジャイアンツに加入した。しかし38試合の出場で退団。その後、MLBに復帰して2011年に現役を引退している。2018年からはフィラデルフィア・フィリーズで監督を務め、2020年からジャイアンツに移籍。今シーズンは就任2年目で球団史上最多の107勝を記録し地区優勝を果たした。今回の受賞は同監督にとって初であり、NPB経験者では5人目の最優秀監督賞受賞となった。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!