ローカルニュース毎日配信!

オリンダ在住の女性 療養先でクマと対決

2021.11.08

配信

オリンダ在住の66歳女性がタホ湖近隣でがんの闘病のために過ごしていた山小屋に大型のアメリカクマ1頭が侵入、物音に気付いて階下に降りた女性をクマが襲った。被害にあったのは元医師で現在ステージ4のがんの闘病生活を送っているローレル・R・V・ホフマン・クルツィさん。10月30日早朝にクマが山小屋の冷蔵庫の中などを荒らしていたところにクルツィさんが遭遇。クルツィさんに気付いたクマが突然攻撃してきたという。クルツィさんは大声をあげながらキルトやローブを投げ対抗したが、顔を含め体に多くのひっかき傷を負ったほか、左胸や腹部にも深い裂傷を受けた。家族が自室から出てきた時にクマは逃走。クルツィさんは病院に搬送されて治療を受け一命を取り止めたが、クマが捕獲されるまでは小屋に戻らないと語った。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!