ローカルニュース毎日配信!

負傷したファルコン バークレーで保護

2021.11.05

配信

カリフォルニア大学(UC)バークレー校のキャンパス内にある時計付き鐘桜サザータワーに巣を作り住んでいる雄ファルコンのグリネルが、バークレー・テニスクラブのゴミ箱の上に座っているところを保護された。発見されたのは10月28日で、グリネルは人が近づいても逃げようとしなかったという。そのため、発見者がグリネルを箱に入れウォルナットクリークにあるリンジー野生生物保護センターに搬送。検査の結果、くちばしの上側が欠けているほか首元の羽毛が大量に抜けていること、左の翼が負傷していることが判明。発見時には飛行が不可能だったと見られている。また、怪我の原因は種族間の争いと見られている。グリネルは同センターで治療を受けており、巣に戻るまで少なくとも10日から14日かかると見られている。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!