お仕事探しはこちら!

バスター・ポージー 現役引退を表明

2021.11.04

配信

MLBのサンフランシスコ・ジャイアンツに所属しているバスター・ポージー捕手が、11月3日に現役引退を表明。4日にオラクルパークで引退の記者会見を行った。同選手はジャイアンツで12年間プレーし名捕手として知られていたほか、2010年に新人王、2012年には打率3割3分6厘で首位打者となり、MVPを受賞。2010年、2012年と2014年にはジャイアンツをワールドシリーズ優勝に導いた。新型コロナウイルスの影響で短縮して行われた2020年のシーズンでは、家族に双子の娘を養子として迎え入れたこともあり、シーズンを全休していた。2013年に球団史上最長となる8年総額1億6700万ドルの契約延長に署名した同選手は今シーズンが契約最終年となっていた。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!