ローカルニュース毎日配信!

キタオットセイの赤ちゃん サンラファエルで保護

2021.11.01

配信

サンラファエルで、1頭のキタオットセイの赤ちゃんが保護された。同市警察署によると、10月30日にイースト・フランシスコ・ブルバードとグレンジ・ウェイ近隣の一般車道を渡っているカワウソがいると通報があったという。そのため、サウサリートにある海洋哺乳類センターに連絡し、職員が保護に駆け付けたところ、カワウソではなくキタオットセイであったことが判明した。「アイビー」と名付けられたキタオットセイの赤ちゃんは同センターに搬送され適切な治療を受けているという。しかしアイビーがどのようにしてサンラファエル市の一般車道に辿り着いたのかは不明。同センターによると、キタオットセイは海洋哺乳類保護法で保護されており、生活習慣からするとキタオットセイが陸上で見つかるのは非常に珍しいという。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!