ローカルニュース毎日配信!

ステフィン・カリー夫妻 リソース・センターを設置

2021.09.09

配信

NBAのゴールデンステート・ウォリアーズに所属するステフィン・カリー選手と妻のアイーシャ・カリーさんがオークランドのコミュニティーに貢献するため設立した非営利団体「Eat.Learn.Play」を通じ、子どもたちのための移動式リソースセンターを設立した。バスを利用した移動式リソースセンターはオークランド市内を走行し、子どもの年齢にあった本や栄養価の高い食事などを、食料が不足していたり識字率が低い低所得者層の子どもに配布する。食料はアラメダ郡フードバンクから提供され、本はオークランド識字連盟やオークランド公立図書館などから提供される。またバスの屋根にはサウンドシステムが搭載され、35人が乗車することが可能で、今後はイベント用としても活用するという。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!