お仕事探しはこちら!

GG国立保養地 駐車料金の徴収を検討

2021.09.08

配信

国立公園局が、サンフランシスコとマリン郡にまたがるゴールデンゲート国立保養地にある7つの公園で駐車料金の徴収を検討していると発表した。同局側は、パンデミックで公園を利用する人が急増し、ゴミの除去や交通規制、ビーチの清掃などで今まで以上に運営管理費や維持費が必要となるほか、海のライフガード・タワーの入れ替えなどが増えたためとコメント。もし駐車料金の徴収が認可されれば、1時間3ドルから1日最大10ドルの料金が課金される。対象となる公園はベイカー・ビーチ、ランズ・エンド、サットロ・ハイツ、ネイビー・メモリアル、チャイナ・ビーチ、フォート・クロンカイトとスティンソン・ビーチの7カ所。駐車料金が掛かる時間は午前8時から午後5時になる予定。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!