ローカルニュース毎日配信!

サル痘の感染拡大 SF市が非常事態宣言

2022.07.29

配信

 サンフランシスコ市のロンドン・ブリード市長が7月28日、動物由来のウイルス感染症「サル痘」の感染拡大を受け、非常事態宣言を発令した。宣言は8月1日から適用される。これにより対策に必要な補助金を州や連邦政府から確保し、迅速で効率的な対応や対策が行えるようになるという。同市の発表によると現在国内感染者数は4600人以上、サンフランシスコ市内では26日時点で281人。ワクチンの供給も遅れており、同市では当初3万5000回分のワクチンを発注したが、28日時点で受け取ったのは3分の1ほどの1万2000回分のみで、近日中に4220回分が届く予定だという。サル痘は欧米を中心に世界的な広がりを見せており、7月23日には世界保健機関(WHO)が緊急事態宣言を発令した。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!