ローカルニュース毎日配信!

ヨセミテの森林火災 世界的名所で消火活動

2022.07.13

配信

 ヨセミテ国立公園付近で7月7日発生した森林火災「ウォッシュバーン・ファイア」が延焼を続け、巨大セコイアの森として世界的に有名な「マリポサ・グローブ」でも消火活動が続けられている。ウォッシュバーン・ファイアの延焼面積は2700エーカー以上に拡大、500本以上の巨大セコイアが自生しているマリポサ・グローブまで及んだ。カリフォルニア州は特別消火チームとして約24チーム・消防士約360人を派遣、消防車40台とブルドーザー6台での消火活動に加え、燃えやすい枯れ木や葉などを取り除く、地面や木に水を掛ける、木の幹を耐火性のあるフォイルで巻くなどの防火活動を開始。樹齢2700年ともいわれ「グリズリー・ジャイアント」の名で親しまれている高さ209フィートのセコイアの巨木などの周りには、スプリンクラーが設置された。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!