お仕事探しはこちら!

警察より発砲受けた男性 市警察相手に訴訟

2024.05.29

配信

 2022年にピッツバーグ市警察の警官による発砲を受け負傷した男性が、警官による過剰な力の行使を主張し訴訟を起こした。原告のアシュトン・ポーターさんによると2022年2月、ポーターさんが市内のホテルにて「精神衛生上の危機」を経験していたところ、同市警察が精神衛生の専門家を排除した後にポーターさんに向けて2発発砲し、逮捕したという。これに対し警察側は「ポーター氏が明らかな加害の兆候を示していたためにとった策である」と主張している。なお、ポーターさんは逮捕後に暴行などの容疑で起訴されたものの、後にすべての容疑が取り下げられている。同市警察はこの訴訟に関する声明を出していないが、ポーターさんは声明で「私は正義を望んでいる。警察があのような嘘をつき、私たち家族の生活を混乱に陥れたことは犯罪であるべきだ」と述べた。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はBaySpo!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
BaySpoとeじゃんデジタル版をチェック!