ローカルニュース毎日配信!

モメニ被告弁護団 裁判地の変更を申請

2024.01.26

配信

 キャッシュアップ創業者ボブ・リー氏の殺害に関して罪に問われているニマ・モメニ被告の弁護団は、裁判をサンフランシスコ市外へと移すことを求めている。被告は2023年4月、市内でリー氏を刺殺したとして現在裁判が行われているが、1月25日、弁護団は「リー氏は地元で有名だったために陪審員を公平に構成することができない」との主張の下、裁判地の変更を求めた。弁護団は「一般的にこの申し立てが受理される可能性は低い」としながらも、裁判官を説得する準備が出来ていることを示唆している一方で、リー氏の妻であるクリスタさんは「弁護団による遅延が家族の負担になっており、これ以上の遅延を避けるためにも同市に留まるべきである」と述べている。次回の審問は2月22日に予定されており、その際に決断が下されるとみられている。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はBaySpo!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
BaySpoとeじゃんデジタル版をチェック!