Astro・Ajugaの十二星座占い

停止した水力発電所 水位が戻り運転を再開

2022.01.06

配信

ビュート郡のオーロビル・ダムの地下にある国内最大の地下式揚水発電所であるエドワード・ハイアット水力発電所が昨年8月5日から閉鎖されていたが、昨年12月の大雨により水位が上昇したため運転を再開した。カリフォルニア州で2番目に大きい貯水池であるオーロビル湖では昨年8月の時点で記録的な熱波と干ばつにより水位が海抜642フィートまで低下、発電所の運転が継続できない水量となっていた。同ダムの閉鎖は1967年開設以来、始めて。カリフォルニア水資源省によると、同発電所はフル稼働した場合には最大で約80万世帯に電力を供給することが可能だという。また、同ダムは2017年2月には大雨で水位が上昇し危険な状態となったため、周辺住民の約18万人が避難した。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!