ローカルニュース毎日配信!

クアルコム増収増益 多角化戦略が奏功

2022.04.27

配信

 半導体大手メーカーのクアルコム(Qualcomm、本社・サンディエゴ)が4月27日の第2四半期収支報告で、売上・利益はそろってウォール街の予想を超え、第3四半期収益も同様の予測だと発表した。この日、株価が4%の高値をつけた。売上を牽引したのは、主力である携帯電話向けチップ。前年同時期比56%増となり、年換算ベースで63億3000万ドルを売り上げた。昨今のインフレにおけるスマートフォン市場の減速が、チップにまで及んでいないことが示唆される。自動車向けチップの売上も、前年同時期比41%増の3億3900万ドルと好調だった。IoT事業(Internet of Things=モノのインターネット)も、61%増の17億2000万ドルを計上。クアルコムは投資家に対し、IoT他の成長分野に関わることで、さらなる収益の多角化を目指すとしている。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!