ローカルニュース毎日配信!

テスラの四半期収支報告 売上高が前年比81%増

2022.04.20

配信

 電気自動車(EV)大手テスラ(本社・テキサス州)が4月20日、第1四半期の収支報告を発表した。それによると、インフレに対応して価格を引き上げたことで、中国での生産中断の影響を相殺し、過去最高の利益を計上。売上高は前年比81%増となる188億ドルに、1株当たりの利益は2倍以上の3ドル22セント増となった。株価は通常取引の終了後4%上昇した。パンデミック以来世界的なサプライチェーンの混乱が起こり、苦戦するライバル各社が生産を停止する中、テスラは数四半期にわたり記録的な販売台数と利益を計上してきた。材料費の上昇にもかかわらず、自動車用マージンは32・9%に上昇し、過去最高を記録。テスラは、インフレ圧力を考慮して価格を引き上げる一方、製造工程でのコスト削減を模索しているという。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!