Astro・Ajugaの十二星座占い

11月の物価が上昇 39年ぶりの高水準

2021.12.24

配信

米国務省は23日、11月の個人消費支出(PCE)物価指数は前年同月比で5・7%上昇したと発表した。この伸び率は1982年7月以来、約39年ぶりの高水準。前月の5・1%からさらに高まった。また、変動の激しい食料品とエネルギーを除いた「コア指数」も前年同月比4・7%となり、前月比4・2%から一層拡大した。パンデミックからの経済再開に伴う消費需要の急増に対し、人手や部材などの供給不足による物価上昇圧力が続く状況を示している。PCE指数は米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレの指標として重要視している。FRBは11月から実施している量的緩和の段階的縮小(テーパリング)を当初計画より3カ月早い2022年3月に終了すると決定しており、ゼロ金利解除など早期利上げに踏み切ると見られている。


この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!