Astro・Ajugaの十二星座占い

ファイザーのコロナ経口薬 FDAが緊急使用許可

2021.12.22

配信

米食品医薬品局(FDA)は22日、製薬大手ファイザー(本社、ニューヨーク州)が開発した新型コロナウイルス経口治療薬「パクスロビド」に緊急使用許可を出した。米国で初めて認可されたコロナの飲み薬となり、自宅で服用できることから利便性が高く感染拡大を防ぐ期待が高まっている。FDAの声明によると、処方の対象は12歳以上で、重症化または入院のリスクがある軽度から中等度の患者だ。発症から5日以内の早期に服用する必要があるとしている。FDA医薬品評価研究センターのディレクターであるパトリツィア・カバゾーニ博士は声明の中で、今回の認可はコロナ禍における重要な時期での「大きな前進」となると述べた。コロナ経口薬を巡っては、メルク(本社、ニュージャージー州)の「モルヌピラビル」が11月に英国で世界初承認されている。


この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!