お仕事探しはこちら!

米人口伸び率、過去最低 国勢調査

2021.12.21

配信

米国勢調査局が21日に発表した数値によると、米国の人口は今年0・1%の増加にとどまり、過去最低の伸びとなった。新型コロナウイルスによる影響が人口動態に及んだとされる。今年7月1日までの1年間で、米国居住者数はわずか39万3000人しか増加せず、総人口は3億3190万人となった。過去10年間では、年平均200万人以上は増加していた。米国人口の増加数が100万人を下回ったのは1937年以来初。同局が毎年人口推計を始めた1900年以降で最も低い数値となった。同局によると、成長率の鈍化は移民の流入数の減少、出生率の低下、COVID-19パンデミックによる死亡率の上昇に起因するという。コロナ前から高齢化などで自然増の伸び率は減速傾向にあったが、コロナの感染症で80万人以上が死亡し、国境を超えた移動の制限で移民数の伸びも減速した。州別ではカリフォルニアやニューヨーク、首都ワシントンで特に減少した一方、テキサスやフロリダでは急増した。


この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!