ローカルニュース毎日配信!

日産、電気自動車を強化 5年間で176億ドル投資

2021.11.30

配信

日産自動車(本社、神奈川県)は日本時間の29日、今後5年間で2兆円(176億ドル)の投資を行い製品ラインの電動化を加速させる計画があると発表した。2030年までに新たに23モデルの電動化を展開するという。また電池は2028年までに全固体電池(ASSB)を市場に投入する計画で、早ければ2024年度中に横浜市にASSBのパイロット施設を設置する予定だ。同社の代表執行役社長兼最高経営責任者(CEO)である内田誠氏は、ASSBの自社開発に注力していることを述べ「現在のリチウムイオン電池に比べエネルギー密度を2倍にできる。電池を小型化・薄型化することで柔軟なレイアウトが可能になり、ピックアップトラックなど大きなセグメントにも展開できる」と声明した。同社はボルボやBMWなどと並び電動化戦略を追求する有名企業のひとつで、交通機関の環境負荷を低減する試みが行われている。


この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!