Astro・Ajugaの十二星座占い

失業保険申請件数が減少 米国の経済回復の兆し

2021.11.24

配信

労働省は24日、11月20日に終了した週の失業申請件数が19万9000件に急減し、1969年以来52年ぶりの低水準になったことを発表した。この数字は新型コロナパンデミック前、2022年2月の平均値である21万1700件を大きく下回った。物資不足、高インフレ、長引くパンデミックに見舞われた1年が終わりに近づくなかで、10月の個人消費は1・3%増加し、個人所得は0・5%増加した。消費者は強い労働市場から恩恵を受けているため、31年ぶりの高水準となったインフレ率を上回るペースで支出が行われており、経済活動が加速していることを示唆している。これに対して殆ど全ての分野の企業(雇用主)は労働力を確保することに苦労しており、解雇を抑制して既存の従業員の賃金上昇を余儀なくされるなど、厳しい労働市場に直面している。


この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!