ローカルニュース毎日配信!

アップル、2022年に 交換部品の販売を開始

2021.11.17

配信

アップル(本社、クパチーノ)は17日、顧客自身の手でデバイスの修理が可能となる「セルフサービスリペア」プログラムを来年開始すると発表した。顧客は修理マニュアルを読んだ上で、オンラインストアでアップル純正のパーツやツールを注文することができる。プログラム開始時には200種類以上のパーツやツールを用意し、ディスプレイ、バッテリー、カメラなど最も一般的な修理対象となるモジュールから他のパーツへと拡充させるとのこと。セルフサービスリペアはiPhone 12およびiPhone 13の顧客を対象に米国内で開始し、その後M1チップ搭載のMacを追加し2022年中にはさらに多くの国に拡大していく予定だ。環境問題への意識の高まりとともに「買い替え」よりも「修理する権利」が注目されている近年で、この取り組みは他社・他業種へも影響を与えると思われる。


この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!