ローカルニュース毎日配信!

J&J、上場2社体制へ  コンシューマー事業を分離

2021.11.12

配信

ジョンソン・エンド・ジョンソン(本社、ニュージャージー州)は12日、医療品・医療機器事業とコンシューマー製品事業を分割する計画を発表した。分割した2社はともに上場企業となる。事業ごとの分割によって収益性の高い製薬市場に注力するのが狙い。ゼネラル・エレクトリックや東芝などのコングロマリット(複合企業)も分社化を発表したばかりで、世界最大の総合ヘルスケア企業であるJ&Jによるこの動きもその流れに沿うものとなる。急速に変化する景気トレンドや消費者の好みに迅速に対応するため、多角化した大企業は構造を単純化して専門性を高める必要に迫られているようだ。J&Jの最高経営責任者(CEO)であるアレックス・ゴースキー氏は新型コロナパンデミックで消費者のマインドが大きく変化したことに触れ、分割が事業を継続的に進化させるための最善策であると説明した。


この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!