Astro・Ajugaの十二星座占い

ファイザー バイオ医薬品企業を買収

2022.08.08

配信

 製薬大手ファイザー(本社・ニューヨーク)は8月8日、バイオ医薬品企業グローバル・ブラッド・セラピューティクス(GBT)(本社・サウスサンフランシスコ)を54億ドルで買収する最終契約を締結したと発表した。ファイザーは買収により、GBTが取り組む希少血液疾患領域でのプレゼンス強化をねらう。GBTは「鎌状赤血球症」の経口治療薬「オクスブライタ」を開発しており、2019年11月に米国で承認されている同薬の2021年の純売上は約1億9500万ドルで、欧州連合、アラブ首長国連邦、オマーン、英国でも承認されている。鎌状赤血球症は、貧血や疼痛発作、臓器障害を特徴とする遺伝性血液疾患。先進国では稀だが世界には450万人の患者がおり、4500万人以上が遺伝子をもっていると言われ、特にサハラ以南のアフリカを祖先に持つ人々の間で発症するという。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!