お仕事探しはこちら!

スリーエム(3M) ヘルスケア事業を分離

2022.07.27

配信

 工業製品及び事務用品製造大手のスリーエム(3M、本社・ミネソタ州)が7月26日、ヘルスケア事業を2023年末までに分社化し上場させる計画を発表した。ヘルスケア事業は救急絆創膏などの創傷ケア、ヘルスケアIT、フィルター製品、歯科・口腔用製品などを扱っており、マーク・ローマン最高経営責任者(CEO)は今回の切り離しに関して、事業の専門性を高める狙いであり価値の最大化を実現できるとコメントしている。同社は食品安全用事業も今年9月1日までに分社化する見込み。また退役軍人や現役の軍人から耳栓「コンバット・アームズ・イヤープラグ」の欠陥を巡り訴訟を起こされた同社傘下のエアロ・テクノロジーズ(本社・インディアナ州)が、破産法第11条申請手続きに入ったことも同日発表した。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!