お仕事探しはこちら!

アップルの健康事業戦略 個人と医療研究の二本柱

2022.07.22

配信

 アップル(本社・クパティーノ)が7月20日、同社デジタル健康事業の2本柱を紹介する報告書を発表した。報告書によると、アップルウォッチやiPhoneの個人ユーザーが自分の健康・医療データを保存したり、健康状態について警告を受けられるようにするパーソナルヘルスケアに関する分野と、同社製品を医療研究に役立てるための各機関との協力に関する分野の2つ。ヘルスケアの分野では健康データをヘルスケアアプリ内で1つにまとめて保存し確認できる安全な場所の提供や、毎日の健康やフィットネスの状態を向上する機能の提供などが、そして医療機関分野では研究者の新たな科学的発見を可能にするツールの構築、有意義なデータによる医師と患者の関係強化のサポートや、公衆衛生や政府の取り組みへのサポートなどが紹介された。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!