ローカルニュース毎日配信!

オピオイド訴訟 米州が和解案発表

2021.07.21

配信

米国の複数の州は21日、医薬用麻薬オピオイドによる中毒をめぐる問題で、ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)(本社、ニュージャージー州)など大手医薬品関連企業が和解金を合計260億ドル支払うという和解案を発表した。オピオイドは強い鎮痛効果がある一方で中毒性があり、1999〜2019年の間に全米で約50万人が過剰摂取で死亡したとされ、訴訟が3000件以上に上る。これら訴訟を解決するための和解案によると、医薬品販売会社大手3社であるマッケソン、カーディナル・ヘルス、アメリソースバーゲンが合計で210億ドル、J&Jが50億ドルを支払う予定。各州は30日以内に和解案に署名するかを判断するという。中毒の流行は未だに衰えておらず、2020年のオピオイド系など薬物過剰摂取での死者は過去最高を記録している。


<PR>

自動車保険・生命保険・健康保険・レンターズ保険など取扱います

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!