ローカルニュース毎日配信!

ミネアポリス連銀職員 ワクチン接種の義務化

2021.07.08

配信

ミネソタ州のミネアポリス連邦準備銀行は、全職員に対して8月末までに新型コロナウイルスのワクチン接種完了を義務付けた。このワクチン接種の方針は将来的な雇用にも適用される。ミネアポリス連邦準備銀行の最高経営責任者(CEO)ニール・カシュカリ氏は「私たちは働く場所に柔軟性を高めていくが、完全にリモート勤務にすることはない」と声明を発表。パンデミックの中、同社の銀行職員は90%以上がリモート勤務をしていたが、今後オフィス勤務へと体制を戻していく中で職員のワクチン接種を義務化させる方針だ。金融業界では同じような動きが見られ、ゴールドマン・サックスは6月に米国の従業員にワクチン接種状況を共有することを義務付けたほか、バンク・オブ・アメリカも社内ポータルサイトに接種状況を入力する協力を仰いでいる。


<PR>

自動車保険・生命保険・健康保険・レンターズ保険など取扱います

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!