Astro・Ajugaの十二星座占い

中絶めぐる最高裁判決で グーグルが社員保護通達

2022.06.28

配信

 連邦最高裁判所が、人工妊娠中絶を合法化する1973年のロー対ウェイド判決を6月24日に覆したことを受け、グーグル(本社・マウンテンビュー)が従業員の保護を表明したことをCNBCが伝えた。最高人事責任者(CPO)フィオナ・チッコーニ氏が全従業員に対し、今回の連邦最高裁判所の判決によって影響を受ける従業員は、理由を明記せずに別の州への転勤を申請できること、それに掛かる費用をグーグルが負担すること、今後は支援セッションなども設ける予定であることを通達した。グーグルの拠点はフロリダ、ジョージア、テキサス、ウィスコンシン州など、人工妊娠中絶がすでに禁止されている地域にもあり、今回の判決で影響を受ける従業員も多いとみられている。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!