お仕事探しはこちら!

位置情報追跡デバイス 犯罪防止のため新OS発表

2024.05.14

配信

 アップル(本社・クパチーノ)とグーグル(本社・マウンテンビュー)は5月13日、位置情報追跡デバイスが近くにある場合に警告を表示する、iPhoneとアンドロイドOS用の新たなアップデートを発表した。アップルの「AirTag」に代表される位置情報追跡用のデバイスは、紛失したり盗まれたりした物の位置を把握し、見つけるために用いられる一方で、これらを用いたストーキングなどの犯罪も報告されていた。両社はこのような被害を防止するため協力し、今回のアップデートでは他人のデバイスが継続して検出される場合などに「あなたと移動しているデバイスが見つかりました」などの警告が表示され、ユーザーはこのデバイスを見つけるためにデバイスから音を鳴らしたり、位置情報送信を停止したりすることができるようになる。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はBaySpo!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
BaySpoとeじゃんデジタル版をチェック!