ローカルニュース毎日配信!

ウォルグリーン閉店 SF市の金融街

2024.02.28

配信

 ウォルグリーン(本社・イリノイ州)は2月27日、サンフランシスコ市の金融街であるサクラメント・ストリートとフロント・ストリートの交差点にある店舗を閉鎖することを発表したが、高齢者などから反発を受けている。同社は発表で人通りの少なさを主な閉店の原因として挙げながら、「閉店という難しい決断を下す際には周辺地域の動向や顧客の購買習慣など複数の要素が考慮される」と述べた。しかし店舗前では同日、高齢者グループによる集会が開かれ、「我々や身体の不自由な人にとって徒歩5分か15分かというのは大きな違いだ」、「CVSもターゲットも閉店し、ウォルグリーンが販売する薬や日用品を頼りにしていた」などの声が上がった。同社はこの店舗から0.5マイル離れた店舗において処方箋の移行手続きの支援などを行っていくとしている。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はBaySpo!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
BaySpoとeじゃんデジタル版をチェック!