ローカルニュース毎日配信!

ファイザー製ワクチン 12〜15歳の追加接種許可

2022.01.03

配信

米食品医薬品局(FDA)は3日、製薬大手ファイザー(本社、ニューヨーク州)とビオンテック(本社、ドイツ)が開発した新型コロナウイルスのワクチンの追加接種(ブースター)について、緊急使用許可の対象を16歳以上から12歳以上に引き下げた。拡大が続くオミクロン株への対策を強化する。また、同ワクチンの2回目から追加接種までの間隔を6カ月後から5カ月後に短縮したほか、5〜11歳の免疫不全を抱える子どもへの追加接種を認めた。FDAはイスラエルで行われた12~15歳の約6300人以上のデータをもとに判断。まれに起きるとされる心筋炎や心膜炎の症状の報告はなかったという。また、接種間隔の短縮については、感染力の強いオミクロン株に対し免疫力を強化できる可能性があるとした。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!