Astro・Ajugaの十二星座占い

学校に行きたい!-Springbridge International School-

2023.05.03

配信

Springbridge International School


多文化の学習環境の中で、トップレベルの学力取得を目指すスプリングブリッジ・インターナショナル・スクールは、2011年、毎日継続的に日本語と英語を学ぶことで、詰め込みではなく、楽しみながら学べる環境を提供したいという思いで創立された。日々の日本語と英語での活動を通して、言語学習のみならず、日米両方の伝統や文化を学び、体験し、理解すること、また変わり続ける国際社会に適応できる力を身につけることを目指してきた。  

現在は、プリスクールから8年生までを対象に、日英だけでなく、中英バイリンガルプログラムも開設されている。さらなる多様な人種との関わりを通して、コミュニケーションスキルや問題解決力、相手と自分の考え方や物の見方、捉え方などの違いを認め、理解することで、新しいアイデアを生みだす力を培っていく環境が整っている。また、高学年と低学年が交流を持つことで、思いやりの心、助けあう心を育んでいる。  

日本語の活動時間では、日本の学校にいるような環境でさまざまなことを学習、体験できるように心がけているという。アメリカで生活していることを考慮し、実態に合ったものでなければ子ども達の興味を引き出すことはできないため、先生達は創意工夫を凝らし、楽しくかつ有意義に学べる場を提供している。  

学習面においては、日本語、英語ともに先取り授業を実施している。現地ハイスクールでも、日本に帰国してからも、どちらの環境にもスムーズに対応できるという保護者からのうれしい報告もあるそう。ほかにも、季節や文化的な行事など、クラス内で行う小さなものから、運動会や発表会など大きなものまで、イベントも充実している。  

コロナ禍で授業が全てオンラインとなった際は、スクリーンを通して、子ども達の興味をどうやって惹きつけるのか、また子ども達の心のケアなど、難しい面も多かったという。学校に子ども達の笑い声が戻った今、先生達は、やはり子ども達がいてこそ学校、みんなそろって対面でクラスができることはとてもありがたいことだと、改めて感じているという。


教師・スタッフからのメッセージ
小・中学部主任 鶴池靖子先生



「面白い」「楽しい」授業を大切にしています。そこから、「勉強が好き」「学校が好き」に繋がると信じています。アメリカにいながら日本と同じ教育・授業を! バイリンガルの子ども達と一緒に日々頑張っています。

プリキンダー担当 ゴールド和子先生



一人ひとりの子どもと向き合い、何がその子にとって必要なのかを見極め、自分を信じる力と学びに対する好奇心を子ども自らが持てるように、ご家庭と連携を取りあいながら子どもと接するよう心掛けています。

【学校インフォ】 
Springbridge International School
【設立】2011年
【生徒数】201名
【学年編成】プリスクール〜8年生
【住所】 プリスクール・キンダーガーデン:
1625 W. Campbell Ave., Campbell
小・中学部:1980 Hamilton Ave., San Jose
【ウェブサイト】www.springbridgeschool.com

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はBaySpo!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
BaySpoとeじゃんデジタル版をチェック!