ローカルニュース毎日配信!

【住まい】​​買ってから売るか? 売ってから買うか?

2022.07.21

配信

 もう少し広い家に変わりたい場合やダウンサイズ等の理由で、お家の買い替えを考えた時、今の家を売ってから次を買うか、次の家を買ってから今の家を売るかが悩むところです。参考までにメリットとデメリットを簡単に記載してみました。

 売ってから買う場合 メリット


●家を売ったお金が手元にあるので、それを次の家の購入に使える
 ●前の家と次の家の両方のローンを同時に払う必要がない
 ●家が売れるかどうかという心配やプレッシャーが少ない(売れなければ、この家に残るという選択肢がある) デメリット
●住みながら家を見せることになると、知らない人が自分の家に入ってくるので、不自由であり、見に来る側も予約が必要となり、不便を感じる
●生活感があると、最高の値段で売れないかもしれない
●いつでもバイヤーが内覧できるようにしておく準備やメンテナンスが大変
●家を売った後にすぐ次の家が見つからない可能性がある
●次の家を探している間に金利が上がったり、家の値段が上がりすぎて、希望の家を購入できなくなる可能性がある
●家を売った後、一旦レンタルすると2回引っ越しをすることになる
●レントバック(Rent Back)をリクエストしても、断るバイヤーが出る可能性もある  

レントバックと言うのは家を売った後、登記完了後もその家を買った人から借りて住むという契約です。借りている間に家を売ったお金を使って次の家が購入できるので良いのですが、レントバックを条件に家を売りにだすと、これがバイヤーにとっては不都合だということから購入をやめる人がでるリスクもあります。

 買ってから売る場合 メリット


●じっくりと気に入った家を探すことができる
●いつまでに購入しなければ住むところがなくなるというプレッシャーがない
●ステージングをして、生活感のないモデルハウスのようにして売りに出せるので、より高く売れる可能性が高い
●住みながら、知らない人に内覧されることがない。バイヤーもいつでも内覧できる
●引っ越しが1回のみ デメリット
●前の家が売れるまで、両方の家のローンを同時に支払う必要がある
●前の家を売ったお金を頭金として使うことができない
●いくらで前の家が売れるかがはっきりしないまま、次の家を購入することになる
●前の家を売る前だと、ローンを組める額が減る可能性がある  

どちらの場合もメリット、デメリットがあり、それに対するいろいろな方法があります。便利性をとるか、少しでもお金を節約するか、また、少しでも家を高く売ることが目的なのか、またその時のマーケットの状況でプランは変わってきます。経験豊かな不動産エージェントとじっくり相談し、早めに計画を始めることをおすすめいたします。

情報提供:
ハマダニ 多佳美 Lic# 01383562
Compass
408-582-3777
Takami.hamadani@compass.com
TakamiHamadani.com


https://www.takamihamadani.com

408-582-3777

シリコンバレーで住宅販売・賃貸をサポート。シリコンバレーを中心にレジデンシャルの不動産 売買の専門家・リアルター。2003年よりリアルターとして活躍。不動産売買についての質問や相談も受付けている。

詳細を見る

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!