Astro・Ajugaの十二星座占い

【住まい】パンデミック後のマーケット動向予測

2021.08.07

配信

パンデミックが起きた直後は誰もが不動産市場は冷え込むと思ったでしょうが、冷え込むどころか多くのバイヤーが一軒家の購入に意欲を示しています。

リモートワークが増えたことにより、アパートやコンドに住んでいた人たちが、広いスペースを求めて庭付きの一軒家に引っ越したいという気持ちが大きくなったことが原因の一つと考えられます。

歴史的に低くなっている住宅ローンのレートを利用しようとしているバイヤーが多いことも重なっています。パンデミックが終息に向かうにつれてリモートワークが減り、オフィスに通勤する人の数も増えてきています。サンフランシスコ周辺はテックの会社が有名ですが、実はサンフランシスコで一番従業員の多い会社は、統合型の顧客管理プラットフォームを提供しているSalesforceで約8000人もの人が働いています。Kaiserはベイエリア全体で約5万8000人の従業員がいます。比較的高所得の仕事に就いている人たちが家の購入を検討するのは当たり前のことでしょう。でも一番大きな原因は、市場に出ている物件が極端に少ないため1軒にオファーが殺到してしまうためです。 

現在のマーケットは、すでにリタイアしている、あるいはリタイアを検討中の一軒家のホームオーナーにとって大きな売却益を得るチャンスです。それなのに、なぜホームオーナーたちは家を売り渋っているのでしょうか。急激に価格が高騰したため、キャピタルゲイン税や次に購入する物件の固定資産税などの額が払えないだろうと二の足を踏んでいるホームオーナーが多いと考えられます。

ご相談にいらしたほとんどの方が会計士に相談しておらず、「税金が高額」ということだけ を知っていて具体的な税額については理解されていません。まずは会計士の方に、だいたいいくらくらいの税金がかかってくるのか計算してもらいましょう。

また、売却をせずに存命中に息子・娘に名義を譲るホームオーナーもたくさんいますが、これは税金的には大損です。

米国の税法にはStep Up Basisという制度があり、相続財産の取得日と取得費については、日本と異なり死亡時の日付と時価を使います。相続発生後それほど時間が経っていない売却は、相続時の時価と売却時の価格はほぼ同額となるため、確定申告をしてもキャピタルゲイ ン税はほとんど発生しないことが普通です。そのため存命中に子ども達に名義を譲ってしまうと親が購入した時の税金の計算になります。これは10万ドル単位で額が変わってくる可能性が 大きいので注意が必要です。

一軒家に比べるとコンドマーケットはソフトです。コンドは場所にもよりますが、サンフランシスコのサウスビーチ・ミッションベイ周辺の高層コンドは特に価格が下がっています。この地区はエレベーターのついているコンドがほとんどで、公共の交通や買い物も便利なので、シニアに優しい地区です。価格の下がっている今は買い時です。

パンデミックで経済が悪くなったので銀行差し押さえ物件が増えると予想したバイヤーもい ますが、サンフランシスコの銀行差し押さえ物件は全体の0・1%と非常に低いです。パンデミックで支払いが厳しくなったホームオーナーには色々な救済対策がありました。お買い得な一軒家はないと思っておいた方が賢明です。 

情報提供:

河村 るび  CalRE# 01706663 
BarbCo Real Estate 
415-613-3285 
rubi.homes@gmail.com 
rubisellsbayareahomes.com 

ベイスポスタッフのブログ

ベイスポスタッフのブログ

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!