Astro・Ajugaの十二星座占い

【保険】メディケア&メディギャップについて

2021.08.06

配信

日本の医療保険とは異なり内容が非常に複雑なアメリカの医療保険ですが、日本の国民健康保険のように国の制度として提供されているMedicareがあります。また、Medicareではカバー出来ない部分を埋める、民営の保険会社が提供しているMedicare Supplement(メディギャップ)について説明いたします。

メディケアの資格者は65歳以上の市民、もしくは永住権保持者になります。しかし、永住権取得後直ぐに資格が得られる訳ではなく5年を要します。65歳になる3カ月前後に申請が出来ますが、この時期を逃した方の申請期間は、毎年1月1日~3月31日になります。こちらのウェブサイトから申請できます。

もしくは、最寄りのSocial Security Officeに行きアドバイスを受けることが出来ます。民営の保険会社を取り扱う保険代理店は、Medicareを取り扱えないので、相談は避けましょう。

申請後、保険カードが届き検診の際に持参する必要があります。主に4つのプランが有り、これらのプランは無料ではなく、全て加入する必要はありませんが各々毎月保険料が掛かります。

●Medicare Part A (Hospital Insurance)

病院の入院費用、看護施設の利用やホスピスケアがカバーされる。

●Medicare Part B (Medical Insurance) 

医者や医療機関への外来で受ける、怪我や病気の処置、手術、検査、医療用品の利用などがカバーされる。

●Medicare Part C (Medicare Advantage Plans)

これは民営の保険会社がMedicareと契約して提供するもので、普通の医療保険のプランの様にPPO、HMO、HSAなどがあり、Medicare A&Bを取り扱わない医者や医療機関を利用したい者は、これらのプランに加入しMedicare A&Bと同じ様なサービスを受けることが出来ますが安くはないので、実際にこのプランに加入するものはほとんどいません。これもあれもと多数のプランに加入すると費用が掛かるため、実際にはMedicare A&B と Medicare Supplementに加入している方が多いです。

●Medicare Part D (prescription drug coverage)

DはDrugの意味であり、処方薬がカバーされる。

Medicare A&Bで全ての医療費がカバーされるわけではなく、Medicareにある高いDeductibleや、Medicareではカバーされないギャップを埋めるための、メディギャップ(Medigap:Medicare Supplementと言う)がある。これは民営の保険会社が提供しているもので、保険会社によってはプランの種類もA~F と複数あり、特にFのプランが充実した良い内容になっています。これは、国とは別に民営の保険会社が提供しているので、民営の保険会社を取り扱う保険代理店に相談に行くことをお勧めします。

資格者は既にMedicare A&Bに加入、もしくは申請中であり、65歳になる3カ月前後はUnder Writing(過去・現在の健康暦審査)なしで無条件で加入出来ます。しかし、65歳と3カ月を過ぎた場合、病歴の審査が必要になり加入できないこともあります。なお、同じ保険会社からDrug Coverage(処方薬)も追加で加入することが出来ます。医療費の高い米国で老後を過ごすには、このMedicareとMedigapは必要不可欠と言えます。

情報提供:
有澤 忍
Arisawa Insurance Agency 

2695 Moorpark Ave., Suite 101, San Jose, CA 95128

http://www.Arisawaagency.com

408-449-4808

自動車保険をはじめ、火災保険、アンブレラ、ビジネス保険、労災保険、生命保険、健康保険などを取り扱う総合保険会社。Farmers Insurance、Blue Cross等のエージェントであり、日本語できめ細やかな安心のサービスを提供している。

詳細を見る

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!