ローカルニュース毎日配信!

シリコンバレー発ビジネス最前線

2022.06.22

配信

増えてきたリアルイベント

最近のリアルイベント  


 2022年3月より、インパーソンによるスタートアップ関連のイベントが急激に増えてきた。それに伴い、明らかに日本からの出張者も増えている。また、6月12日以降の米国への外国人入国者については、2回以上のワクチン接種を完了していることを条件にPCR検査による陰性証明書の取得・提示が不要になった。こういった動きもあり、今後ますますベイエリアにおいて、リアルイベントが実施されることが確実な状況である。 さて、今回は最近のイベントを簡単に紹介したい。この他にもVC独自のイベントなどが続々と開催されている。

 【4月~6月に開催された主なスタートアップ関連イベント】

 Startup Grind Global Conference 2022 / Redwood City, April 11-13
startupgrind.tech/conference
 投資家、起業家によるトークセッションやピッチコンテストなどが組まれた。展示スペースは限られており、メインステージのトークセッションが中心。このイベントを機に多くのリアルイベントが開催されている。

 TC Sessions: Mobility 2022 / San Mateo, May 18-20
techcrunch.com/events/tc-sessions-mobility-2022
 米国内外の自動車やマイクロモビリティー等の企業関係者を集めてのイベント。ロボットタクシーや自動搬送ロボットなどの展示もあった。

 TC Sessions: Climate 2022 / Berkeley, June 14, 16
techcrunch.com/events/tc-sessions-climate-2022
 Climate Tech(気候テック)に特化したイベント。政府関係者らをゲストに呼ぶなど、米国全体で最も重要な分野の一つとして注目されている。

 【7月以降の主なイベント】

Japan - U.S. Innovation Awards Symposium 2022 / Stanford, July 14
www.usjinnovate.org
 Japan - US Innovation Awardsは、日本とアメリカのスタートアップから、相互の市場にインパクトを与え、活躍した各1社を選出し、表彰。日本発で米国進出を目指すイノベーション・ショーケース企業5社をフィーチャーする。Symposiumでは受賞者を発表しつつ、一堂に関係者が会すネットワーキングの機会も提供される。

 TechCrunch Disrupt 2022 / San Francisco, October 18-20
techcrunch.com/events/tc-disrupt-2022/
 商品を公表していない非常に若いスタートアップを中心としたイベント。ピッチイベント、新進気鋭の投資家やファウンダーの講演、ニュースになるような目新しいコンテンツが目白押しとなっており、ネットワーキングの機会としても活用されている。ジェトロも出展予定であり、今後、15社程度の日本のスタートアップを募集する。

 ジェトロのスタートアップ・ サポートプログラム  


 ところで、ジェトロ・サンフランシスコでは、北米の各ジェトロ事務所と連携して毎年約300社の日本のスタートアップを何らかの形でサポートさせていただいている。業種はさまざまで、IoT、SaaS、バイオ・ヘルスケア等。無料のメンタリングプログラムや法律相談を提供するとともに、米国における世界トップレベルの*アクセラレーターと組んで、約3か月間のアクセラレーションプログラムを提供している。また、アクセラレーターのノウハウを日本に還元し、日本のスタートアップ・エコシステムの発展も目指している。さらに、北米の国際見本市にも参加している。  

 1点目のメンタリングプログラムについては、北米8拠点で提供しており、年間約150社から200社の利用を見込んでいる。すでに開始1カ月で40社以上の申し込みがあった。  


 2点目のアクセラレーションプログラムについては、Deeptechやバイオ・ヘルスケア、Global Preparationコースなど、5テーマで100社以上を募集予定である。本プログラムにおいては、シリコンバレー等米国における10日間のインパーソンによる研修も実施する。  3点目の展示商談会については、トロントCollision(6月)、サンフランシスコTechCrunch Disrupt(10月)、ラスベガスCES(1月)に参加予定で、50社程度の応募を見込んでいる。 

*「アクセラレーター」とは、スタートアップや起業家をサポートし、事業成長を促進する人材・団体等のことを意味する。

オンラインイベントと リアルイベント  


 前述したとおり、リアルイベントが増え、出張もそれに合わせて増えているが、オンラインで効率的にネットワークをつくったり、より多くの人にPRすることも可能となった。一方、単純なセミナーであればオンラインで良いだろうが、セミナー終了後のネットワーキングに意義を見出していた人も多いだろう。食品等の輸出入などであれば、やはり現場で直接会って試食などをすることでビジネスにつながる確率が高い。ハイブリッド形式を含めて、どのような形式でサービスを提供するかについては大変重要であり、サービスやイベント企画側にとっては、しっかり検討する必要があるだろう。

ジェトロ・サンフランシスコ事務所 吉田 健(よしだ けん)
2000年ジェトロ入構後、機械、食品、伝統産品等の輸出支援、中国・アセアンへ日用品・生活雑貨の輸出支援などに従事。また、外務省への出向や外食、小売、理美容、教育等の海外への出店支援など、幅広い分野での業務に携わる。ジェトロ佐賀貿易情報センター所長を経て、2021年10月よりジェトロ・サンフランシスコで勤務。

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!