ローカルニュース毎日配信!

走る人にもカイロ!  -Dr.岡井カイロ

2022.02.01

配信

ベイエリアの皆さん、お元気ですか?「全ての方をカイロでより健康に!」を目指して熱く燃えるドクター岡井です。2月になって、あちらこちらで花が咲き始めて春本番! って感じになってきましたね。冬はあまりゴルフをしない私も練習を開始しました。コロナに負けない強い体を作らないとね。

カリフォルニアの魅力は、何と言っても年中スポーツが楽しめる素晴らしい気候にあるでしょう。私の患者さんもスポーツを楽しんでいる方がたくさんいます。落とし穴としては、オフシーズンがないので、体を休養させる暇がなくて、ケガをしても運動を継続してしまい、悪化させてしまうことです。北国のように雪で閉ざされていれば、冬は地味な室内トレーニングなどでケガのリハビリなどもできるから丁度いいのでしょうけど。

私の患者さんには、ランナーも多くいます。健康にいいレベルを超えた過酷なレースに参加している方もいます。マラソン大会の前になると決まって姿を現す方もいます。私は、アテネオリンピックの米国陸上十種競技のチームカイロプラクターをしていた経験もあってランナーのケガは多く見てきました。そのようなアスリートのケガは、主に疲労蓄積型の問題です。まめにケアすれば、防げるものもあるのでしょうが、オリンピックを目指す若者はどうしても無理をしてしまうものです。疲労骨折の選手などもいましたね。

カイロがランナーを治療するの? とピンとこない方もいるでしょう。背骨の動きが悪いと上手く走れないし、足の筋肉の神経は腰椎から出ています。骨盤のバランスが悪いと動きづらいだけではなく、ダイレクトに足に影響を与えます。股関節や、膝の周りの筋肉のバランスを整えるだけでなく、関節そのものの動きを滑らかにする必要があります。そして、一般的に知られていないのが足の問題です。足底筋膜炎をはじめ、足や足首の関節が固まって動きが悪くなっていると色々なケガの要因にもなります。足というものは片方で28個の骨があります。中には20年以上にわたり足の痛みに悩んでいたスポーツマンが、カイロのアジャストメントで足の骨の固まりを動くようにしただけで、痛みなく歩けるようになったというケースもありました。

長年にわたり日々体重を支え、長距離のランニングで数えきれないほどの衝撃を受け止めている足は、絶対にケアしてあげるべきですね。ランナーにもカイロは必要です。またしても、あなたが私に会いに来るべき理由ができましたね。気持ちよく走るために、カイロで背骨、骨盤、股関節、膝、足の調整をしましょうね。きっと、来てよかったと思うはずです。




4323 Moorpark Ave., Ste A, San Jose, CA 95129

https://www.okaichiro.com

408-343-3835

92年にCA州ライセンス取得後ベイエリアでは95年に開業し、アメリカで約30年にわたる経 験と実績を誇る。世界一のカイロプラクターを目指し、優しさと思いやりのある治療を行う。

詳細を見る

この記事に関連する記事

一覧ページにもどる

share with ups!

新規会員登録

ベイエリアの求人・仕事情報・お知らせ・募集・不動産・個人売買情報はベイスポ!
無料で会員登録をすると、bayspo.comをもっと便利にお使いいただけます。

新規会員登録をする

サクッと読める!
ベイスポとeじゃんデジタル版をチェック!